↓ わたしが赤面症から救われた方法です ↓
専門カウンセラーが伝授する
1日わずか1分で治す方法

【赤面症とは?】赤面症とは対人恐怖症の一種

私は昔から赤面症で悩んでました。
小学生の頃によく、「顔赤いで?」と、言われたことを覚えてます。でもその時は何とも気にせず、気になり始めたのは思春期迎えるころでした。

赤面症とは対人恐怖症の一種とも言われていて、赤面症の原因についてはまだ解明はされていないみたいで、悩んでる人は結構多いようです。
私も中学時代からだんだん赤面症がひどくなり、当時は顔が赤くなるのが嫌で人との接触を避けてばかりいました。

・びっくりした時
・緊張した時
・いきなり話かけられた時
・異性と話する時
・注目を浴びた時

これらの時に、急に全身の血液が顔に集中していくのを感じていた気がします。

ほんとに顔から火が出るように熱くなるのです(。>_<。)
「今赤くなってるんやなぁ」と実感すると余計に赤みを増し、「赤くなるなー!」と、心の中で思えば思うほど余計に赤くなり、「顔赤いで?」「真っ赤やで」と、言われると更に更に赤く・・・(#v_v#)

赤面してる状態を指摘されるのが嫌で、また、見られるのが嫌で、人との接触をずっと避けていました。

▼こんなわたしが救われた「赤面症トレーニング」
http://www.redchiken.com/

【赤面症の原因】わたしが思い当たること

今、思えば、顔が赤くなることで、
「人から変に思われてるんじゃないか?」
「この子もしかして○○の事好きなんじゃ?と、思われてるんじゃないか」
と悩む事が多かった。

中学生なりに、赤面症というものを調べた時、対人恐怖症という心の病気であることを知りました。私の場合、原因は何なんだろうか…
そう考えていたら、二つ思い当たることがありました!!

  • 1つは環境の変化
    私は小さい時から父の仕事の関係で転校を繰り返してきました。友達が出来て慣れた頃にはまた転校…、三年に1回は転校をしてきました。新しい環境、新しい人達に萎縮していたのを覚えています。
  • 二つ目は容姿についていじめられたこと
    これがずっと引っかかっており、コンプレックスでした。多分原因はここにあるんじゃないかと自分なりに思っています。容姿についていじめられた時は自分自身、かなり傷つきました。人前で笑うこともなくなってて、暗いやつだったかも知れません。

そんな状態でずっと過ごしてきました。

▼赤面症の辛さは、なった人にしかわかりません
http://www.redchiken.com/

【赤面症を治す方法】まず心掛けたこと

現在、私は23歳になりました。未だに赤面症が完治したワケでは無いのですが、昔に比べたらかなりマシになってきましだ(^ー^)゙

心がけたことはまず「開きなおる」こと。
別に赤くなってもいいやん!
赤くなったって誰にも迷惑かけてないんだし…
むしろ、赤くなることを逆手にとって、チャームポイントにかえちゃえ!

「赤いで?」と、言われても
「そうなんよー!私すぐ赤くなるんよー!」と、自分からあえて言うことにしました。
ようするに、"気にしないこと!"が、一番なんだと気づいたんです。(^-^;)

昔の私は人にどう思われているのか?気にするところがあり、嫌われたくない一心で、自分をうまく出せていませんでした。だけど、あえて開きなおり、いい意味でアホになって「何でも来いよ!」的な感じに考え方を変えたのです。すると、赤くなる事も減り、今では赤面症のことを忘れるくらいになりました。当時はあれだけ悩んでいたのに・・・、精神科にまでいこうとしていたのに不思議なもんです。

▼赤面症を治そうとしてはいけない!その理由とは?
http://www.redchiken.com/

赤面症になって気づいたこと

人って、自分が思うほど他人のことを見てない、私は見られていない

「見られてる、見られてる」
と思ってても、相手は意外と見てなくて違うことを考えてるもの。

結局皆、"自分のこと"しか考えてないんですねー(^-^;)そのことに気付いた時、自然に赤面症はなくなっていきました。

赤面症で悩んでる人は、まず赤面症であるありのままの自分を優しく包んであげましょう。「別に赤くなってもいいんだよ」と、自分自身を優しく抱きしめてください。自分を否定しないでください。
そして、コンプレックスをチャームポイントに変えることで、より強くなれます!私も容姿でいじめられた過去も含めて、今ではそれをチャームポイントにしています。

▼自分の人生は自分でなんとかしなきゃ!その方法とは?
http://www.redchiken.com/

【まとめ】赤面症ってかわいい

未だに赤くなる時がありますが、そんな時ほど気持ちに余裕が無く、視線をそらす事が多いです。 人と目が合った時に、「あれ?顔、赤いよ?」 と、言われても、「うん、すぐ赤くなるんよー」と、答えられる子になりました。

意外と、相手にとっては赤くなることを
「可愛いな」
と、とらえられてることが多いようです。(知らなかった~)

あなたは実際どうですか?
顔を赤らめてる方を見た時どう感じてますか?私も「可愛いな」と、とらえて見られるようになりました。

相手は自分が思ってるほど、特に何とも思っていなかったんですね~。私はこれからも、良い意味で開きなおりの精神で、赤面症の自分とうまく付き合いながら生きていこうと思っています。


↓ わたしはこれで赤面恐怖症から救われました ↓
日本で唯一の赤面症専門カウンセラータケ
(米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー)

同じ悩みの方が一人でも少なくなれば嬉しいです。

運営者情報

このページの先頭へ